October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

分娩予約状況

 

★当院で分娩をご希望の方はお早めにご予約をお願いいたします。

★里帰り出産についてはお問い合わせください。

★ご不明な点はご遠慮なく下記までお問い合わせください。

【お電話】 042-764-3541 

【お問い合わせフォーム】 http://www.kei-cl.jp/contact.html   

【受付時間】火曜日〜土曜日  9時〜17時(外来終了後は翌受付時間におかけ直し下さい)


  

里帰り出産 受け付けについて


お電話 042-764-3541 
お問い合わせフォーム http://www.kei-cl.jp/contact.html  
受付時間火曜日〜土曜日  9時〜17時(外来終了後は翌受付時間におかけ直し下さい)


バースコンシェルジュのご紹介

 

当院ではバースコンシェルジュが常駐しています。

株式会社ブライトン様の指導を経て、当院スタッフによるバースコンシェルジュが誕生しました。

バースコンシェルジュは、当院の患者様に安心してご通院、ご出産、ご入院していただけるよう、きめ細やかなサポートを行います。 

  

ご出産を迎えられるおかあさまたちにはできるだけ穏やかな気持ちで過ごしていただき、ご出産後のおかあさまたちにはお疲れをゆっくり癒していただく空間を作ってまいります。

患者様の心に寄り添い、患者様に心をつくすおもてなしが当院バースコンシェルジュの使命です。

      

医師、看護師、助産師、事務、厨房、清掃等、院内業務に関わるさまざまなポジションのスタッフ間の連携も中心となって行いますので、院内でご不明な点がありましたら、バースコンシェルジュにいつでもご相談ください。

 

病棟和室リニューアル!

6月1日より工事をおこなっておりました病棟和室。

7月1日にリニューアルいたしました。

 

新たな和室は趣の異なる3室をご用意しました。

空いていれば患者様のご希望でお部屋を選べます。

プチ温泉旅行に来ているような気分を味わえるお部屋です。

 

黒竹を使ったしっとりと上品なお部屋。

 

薄桃色の壁紙と若草色の畳で春を感じる可愛らしいお部屋。

 

藍色を基調とした落ち着いたお部屋。

 

患者様がご出産後にゆっくりくつろいでいただける空間作りを目指しました。

皆さんはどのお部屋がお好みでしょうか。

多くの方にぜひご利用いただければと思います。

 

 

当院が『ご近所ドクターBOOK』に掲載されました

当院が『ご近所ドクターBOOK』に掲載されました。

下記クリックして内容をご覧いただけます。

 

 

外来リニューアルオープン!

7月31日より工事をおこなっておりました外来ですが、

本日、8月8日よりリニューアルオープンいたしました。

 

「和」を基調とした落ち着きのある外来を目指しました。

 

受付ブースです。

来院したらこちらで受け付けを行います。

 

診察前に指導室で看護師が問診を行います。

 

中待合です。

次に呼ばれる患者様はこちらで医師の診察をお待ちいただきます。

 

会計カウンターです。

今回のリニューアルでは、これまで一体化していた受付ブースと会計ブースを別に設けました。

 

これまで待ち合いエリアにオープンにあったトイレを

患者様のプライバシー空間を守るため仕切りました。

 

キッズスペースです。

 

初診の患者様の受診にあたる事務手続き等を行うブースを新たに設けました。

 

新たに設けたエリアのもう一つ。和室です。

これからこのスペースは様々な用途で利用します。

 

皆様が落ち着き気持ちよく過ごせる外来にしていけるよう

院内スタッフ一同、今後も頑張ってまいります。

 

 

◆採用情報◆

 スタッフ募集のお知らせ 

現在、
看護婦助産師・看護師看護婦を募集しています。

【募集要項】

募集職種 助産師・看護師
雇用形態

常勤(日勤・夜勤ともにできる方)

非常勤(日勤のみの方、夜勤のみの方、日勤・夜勤両方可能な方)

勤務時間 日勤  9:00〜18:00   
夜勤  17:30〜翌10:00
休日休暇 4週8休 (非常勤の方応相談)
夏季休暇・年末年始休暇・慶弔休暇・育児介護休暇・特別休暇
給     与 当院規程による
諸 手 当 職務手当・皆勤手当・夜勤手当
賞     与 年2回 当院規程による
昇     給 年1回
通     勤 マイカー通勤可(駐車場代 無料)
福利厚生 社会保険完備・退職金制度(勤続年数3年以上)
早帰り制度


※※応募方法※※
下記よりご応募ください、追って当院よりご連絡いたします。
http://www.kei-cl.jp/staff.html

 

その他ご不明な点がありましたらお電話ください。
<TEL:042-764-3541>

ソフロロジーの理論『おかあさんスイッチ』まとめ編



おかあさんスイッチをまとめました。

おかあさんスイッチその

『陣痛で苦しいのはおかあさんだけじゃない。
あかちゃんのほうが苦しいのです。』


〜陣痛は誰が痛いの?〜

「陣痛でおかあさんが痛い時、
実はお腹の大事なあかちゃんは
自分よりもっと痛い思いをしているんだ。」

「あかちゃんがいっしょに苦しんでいるんだ
あかちゃんのほうがもっと苦しいんだ。
あかちゃんはおかあさんに比べれば
全身が痛いのですよ。」

おかあさんスイッチその

『陣痛は短く、長い休み時間がある。
それはあかちゃんのためでもあるのです。』


〜陣痛で痛い時間は?〜

あかちゃんが安産するポイント
「短い陣痛時間で
あかちゃんにしっかり酸素を送る」

あかちゃんが安産するポイント
「陣痛と陣痛の間の時間で、
あかちゃんをしっかりおやすみさせる」

おかあさんスイッチその

『陣痛の痛みを我慢できる痛みに
切り替えるスイッチがある。』


〜陣痛を乗り越えるためには?〜

陣痛の痛みのスイッチ
『陣痛の痛みを我慢できる痛みに
切り替えるスイッチがある。』

陣痛の痛みのスイッチ
『「母性愛ホルモン」が「痛みのスイッチ」
を切り替えてくれる。』

おかあさんスイッチ

『お腹のあかちゃんとたくさんお話すると
母性が目覚める。
その母性が痛みのスイッチを切り替えてくれる。』


〜母性愛ホルモンって?〜

母性愛ホルモンその
『「母性愛ホルモン」は
おなかのあかちゃんとたくさんお話しする
と分泌される。』

母性愛ホルモンその
『「母性愛ホルモン」によって
痛みのスイッチが切り替えられその結果
おかあさんは家族とともに
お産を乗り越えられる。』

ソフロロジーの基礎となる概念は
このおかあさんスイッチです。
しかしソフロロジー『あかちゃんを思うこころ』
をもつための
実際どうしたら良いか分からないと思います。

当院では他の産院に通っている
おかあさん、ご家族にもできるよう
その具体的な方法をこのblogで
伝えていきたいと思います。


#おかあさんスイッチの理論は佐賀県で開業されております
 たなべクリニック、田邉良平先生のお考えの理論です。
 先生のお話された内容を参考にしております。

drkein

ソフロロジーの理論『おかあさんスイッチ』その



おかあさんスイッチ

『お腹のあかちゃんとたくさんお話すると
母性が目覚める。
その母性が痛みのスイッチを切り替えてくれる。』


〜母性愛ホルモンって?〜

『おかあさんスイッチ』そのの中で、
「母性愛ホルモン」という言葉が出てきました。

妊娠中からあかちゃんに話かけているおかあさんは、
陣痛がくるとお腹をさすりながら、
そしてあかちゃんにささやきながらお産をするのをよく見かけます。
おかあさんはあの痛い陣痛をお腹の大事なあかちゃんと
いっしょに乗りこえようとするのです。
お産こそが「おかあさん」と「あかちゃん」そして「家族」が行なう
人生最初の共同作業なのです。


おかあさんが声を出したり心の中で
おなかの「あかちゃん」にたくさん話しかけると
女性に特有の母性愛ホルモンが出てくるようになります。

『100%おかあさんに依存しているおなかのあかちゃんは
お母さんのことを最も信頼している。

あかちゃんはおかあさんと一番お話をしたい。
あかちゃんはおかあさんの声が聞きたい。
おかあさんのなにげなく思うことを
無意識におなかのあかちゃんに話す。
おかあさんが1人考え無意識に感じることを
自然とおなかの赤ちゃんに伝える。
ときに声に出して、時にこころの中でお話をする。
どんなにささいなこと、小さなこと、たわいのないこと、
おなかのあかちゃんに手をあてながらいっぱいお話をする。

そうするとおかあさんはおっぱいをあげたり、
抱っこしているあかちゃんが夢に出てくるようになる。

早く赤ちゃんに会いたい、
早くあかちゃんを抱きしめたいと思うようになる。
夢を見たり、このように思えるようになったとき
おかあさんから女性ホルモンである
母性愛ホルモンがたくさん分泌される。』


ソフロロジーとはあかちゃんを思うこころのことですが、
そのこころを持つためにする
おなかのあかちゃんとたくさんお話しすることは、
母性愛ホルモンの分泌をうながす
まさにそのものだったのです。

母性愛ホルモンその
『「母性愛ホルモン」は
おなかのあかちゃんとたくさんお話しする
と分泌される。』


そしてこの母性愛ホルモンこそが
「痛みのスイッチ」を切り替えてくれる正体だったのです。

母性愛ホルモンその
『「母性愛ホルモン」によって
痛みのスイッチが切り替えられその結果
おかあさんは家族とともに
お産を乗り越えられる。』


この母性愛ホルモンの考え方、
…おかあさんスイッチい任后

#おかあさんスイッチの理論は佐賀県で開業されております
 たなべクリニック、田邉良平先生のお考えの理論です。
 先生のお話された内容を参考にしております。

drkein

ソフロロジーの理論『おかあさんスイッチ』その



おかあさんスイッチその

『陣痛の痛みを我慢できる痛みに
切り替えるスイッチがある。』


〜陣痛を乗り越えるためには?〜

陣痛はあかちゃんを産みだすための大切なエネルギーです。
陣痛により子宮が収縮しておかあさんのおなかが痛くなります。
実はそのおなかを痛くさせる陣痛の痛みを
切り替えるスイッチ
が存在します。

陣痛の痛みに不安を感じるおかあさん達にとって
このようなスイッチって本当にあるの?
と疑問に感じるかと思います。

人間には感情を切り替えるスイッチがあります。

『女性は見ず知らずの男性に体を触れられると
当然不快な気分になってしまう。
しかしその女性のとても好きな男性、
たとえば彼氏だったり夫だったり
またはとてもファンであるイケメンアイドルなどに
抱きしめられたら
とても幸せな気分になるだろう。
これは女性からたくさんの「愛情ホルモン」が分泌されるため
本来男性に触れられることに不快感を感じるものが
感情を切り替えるスイッチの存在により
とても幸せな気分に感じるからである。』


このようなスイッチは陣痛の痛みでも存在します。
陣痛時にこのスイッチが切り替わると
本当はすごい痛い陣痛が来ているのに
全然痛くないように出産
されます。


陣痛の痛みのスイッチ
『陣痛の痛みを我慢できる痛みに
切り替えるスイッチがある。』


また「愛情ホルモン」によって
女性が抱きしめられ幸せに感じるスイッチを切り替えられるように
陣痛の痛みを切り替えるスイッチ
「母性愛ホルモン」により切り替わります。


陣痛の痛みのスイッチ
『「母性愛ホルモン」が「痛みのスイッチ」
を切り替えてくれる。』


これら2つの陣痛の痛みのスイッチの考え方
・・・おかあさんスイッチそのです。

#おかあさんスイッチの理論は佐賀県で開業されております
 たなべクリニック、田邉良平先生のお考えの理論です。
 先生のお話された内容を参考にしております。

drkein
12>|next>>
pagetop