November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

現在の流産の考え方

妊娠初期にお腹が痛くでも出血がある場合
皆さんは心配されるかと思いますが、
実際は以下の理由で電話、外来で
”経過を診ていきましょう”
とお返事することがあります。
そこで流産について勉強いたしましょう。

砧産のについて

流産はほとんどが赤ちゃん側の原因で起こる。

昔は、流産する原因はお母さん側と考えられ、
無理をするとおなかが痛くなり、出血するとされておりました。
そのため安静を保ち、張り止めや止血剤を使用したり、
ホルモン注射を打つ治療が行なわれておりました。
しかし現在、流産の原因のほとんどは
赤ちゃん側の要因で起こることがわかってきました。
すでに赤ちゃんが染色体異常であったり、多発奇形を有している場合は
自然淘汰され流産を食い止めることはできないのです。

流産の治療はなく、自然の経過を診ることが重要です。

流産の頻度は13〜20%と高いです。
しかし流産の原因が赤ちゃん側でおこることから
現在は積極的な治療を行なわないのが一般的な考え方です。
また、流産にいたるかどうかは出血、お腹が痛いなどの
症状のある、なしでなく、
定期的な健診にて確認、判断することになります。

兇發圭亰譴笋腹が痛いとき

順調に経過していても出血やお腹の痛みは起こりえる

妊娠の最初のころは、にわとりの卵大⇒にぎりこぶし大
⇒赤ちゃんの頭大のように、子宮が急速な勢いで増大していき、
その時に、子宮が引き伸ばされている痛みが出現することがあります。
またまれに子宮と赤ちゃんの袋の間に
血の固まりができて(絨毛膜下出血)、
それがが排泄されるために出血することがあります。
これらいずれの症状も治療方法はなく経過をみていきます。

⇔産の場合、赤ちゃんが自然に流れてしまうかどうか
経過を見ること
が必要です。

赤ちゃんの原因で子宮の中に留まることが
できない状態になったときに流産が起こります。
それは妊娠しなかったために子宮の膜が子宮収縮し、
生理となり出血してくるのと同じように
赤ちゃんが外に押しだざれようとして
お腹が痛くなり、出血していきます。

赤ちゃんが外に押し出されたあとは出血も減り、
お腹の痛みは落ち着きます。
それまでは病院の指示通りにしてください。
pagetop